新型コロナウイルス感染症対策について>>





珠光茶会(じゅこうちゃかい)とは

 世界遺産「古都奈良の文化財」をはじめ、奈良には、いにしえより受け継がれるさまざまな伝統が今も息づいています。そのなかのひとつに、茶の湯があります。遣唐使が唐の団茶を日本に伝えて以来、奈良の地と茶の文化との関わりは続いてきました。

 奈良とゆかりの深い茶人には、少年時代を大和郡山で過ごした小堀遠州や大和小泉藩主の片桐石州などがいます。

 なかでも室町時代に奈良に生まれた珠光によってつくりだされた「わび茶」は、その後、千利休によって大成され、今日に伝わる茶の湯の基礎となりました。

 日本を代表する文化のひとつである茶の湯の、まさに「原点」をつくりだした珠光。その誕生の地である奈良の魅力を、茶の湯を通して発信していきたい。その思いを込めて立ち上げたのが珠光茶会です。

奈良県内の寺社会場

各会場紹介

珠光

室町時代中期の茶人。少年時代に奈良の称名寺に入ったといわれています。のちに京都へ行き、当時町衆など庶民の間に流行していた簡素な「地下茶の湯」や、能阿弥らによって工夫された「書院台子の茶儀」を学び、また一休宗純と出会って禅の修行も行ったとされ、今日の茶道の基礎を築きました。

春日大社

古くから神が降臨する山とされる御蓋山の西麓に、平城京の守護のため、常陸国(茨城県)鹿島神宮の武甕槌命(タケミカヅチノミコト)など四柱を祀ったことに始まります。皇室から庶民に至るまで、国土安穏、国民繁栄を祈り崇敬を集めました。本社本殿は、平成27年から28年にかけて式年造替が行われました。

http://www.kasugataisha.or.jp/

東大寺

 華厳宗大本山。金光明四天王護国之寺ともよばれ、仏の加護による国家鎮護を発願した聖武天皇によって建立されました。751年に大仏殿が完成し、翌年大仏開眼供養が行われました。中世以降、二度の兵火で大仏殿をはじめ、多くの伽藍を焼失しましたが、その都度、全国的な復興活動により再建されました。

http://www.todaiji.or.jp/

元興寺

真言律宗。蘇我馬子が飛鳥に建立した、わが国最古の寺院法興寺(飛鳥寺)を平城京に移して造営したものです。12 世紀頃から「極楽坊」と呼ばれた僧坊を中心に、庶民の浄土信仰を集め念仏道場として発展しました。板絵智光曼荼羅図のほか多数の庶民信仰資料も残っています。寺の周辺は「ならまち」と呼ばれています。

http://www.gangoji.or.jp/

大安寺

高野山真言宗。聖徳太子の熊凝精舎を舒明天皇が最初の「大寺」とされたのが始まりで、藤原京で大官大寺となり、奈良時代初めに現在地で大安寺となりました。盛時には南大寺ともよばれ、889名の学侶を擁する仏教の総合大学でした。貴重な9体の天平仏が現存し、今日に法灯が伝えられています。

http://www.daianji.or.jp/

西大寺

真言律宗総本山。称徳天皇が四天王像の造立を発願して創建し、奈良時代には東大寺とならぶ壮大な伽藍を構えていました。平安時代に再三の火災に遭いましたが、鎌倉時代に興正菩薩叡尊により復興しました。釈迦如来立像をはじめ、多くの寺宝・文化財が残されています。また奥の院には叡尊上人の墓所があります。

http://saidaiji.or.jp/

唐招提寺

律宗総本山。日本に唐から渡航し、聖武天皇をはじめ多くの人に戒律を授けた高僧鑑真和上が、戒律を学ぶための寺院として創建しました。盧舎那仏坐像や鑑真和上坐像をはじめ、優れた寺宝・文化財が残されています。また金堂や平城宮の東朝集殿を移築した講堂など、創建時の建物もよく残っています。

http://www.toshodaiji.jp/

薬師寺

法相宗大本山。天武天皇の発願により藤原京に創建され、710年の平城京遷都にともない現在地に移されました。薬師三尊像や聖観世音菩薩像など奈良時代の仏像をはじめ多くの寺宝・文化財が伝わっています。また塔は、各重に裳階(もこし)が付く、独特の形式をもつ美しい三重塔として知られています。

https://yakushiji.or.jp/

法華寺

大和三門跡に数えられる、品格ある尼寺。もと藤原不比等の住居であったものを、光明皇后が総国分尼寺として建立しました。法華滅罪の寺と称し、七堂伽藍を備えて隆盛を極めました。本堂は桃山時代に再建された和様の仏殿で、木造十一面観音立像〔国宝〕、乾漆維摩居士坐像〔国宝〕などが安置されています。

https://hokkejimonzeki.or.jp/

日程・会場


※1:保護者1名・子ども(小・中学生)3名までを1組
※2:最初の30分は、西大寺本堂拝観及びお茶に関する特別展観を鑑賞していただきます。

お茶会内容

お茶会【壱】

価格/3,000円(お土産代込み)
内容/「お茶席(濃茶席)、会場拝観、珠光茶会限定お土産」
会場/ 春日大社、東大寺、元興寺、大安寺、唐招提寺、薬師寺、法華寺
時間/ 午前9時~午後4時半(時間指定制)
※全てのお席を時間指定制で行い、一席ごとの換気・消毒を行い、一日あたり五席とさせていただきます。
※東大寺、元興寺にお車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
 春日大社、唐招提寺、薬師寺には有料駐車場、大安寺、法華寺には無料駐車場がございます。

お茶会【弐】

価格/1,000円(八窓庵会場のみ1,500円)
内容/お茶席(薄茶席 ※名勝大乗院庭園文化館は点て出し)、会場拝観
会場/奈良町にぎわいの家:昔ながらの手仕事と工夫が残る町屋空間。
八窓庵(奈良国立博物館内)※1:江戸時代中期に建立。当時は含翠亭(がんすいてい)
                  と呼ばれていた。

名勝大乗院庭園文化館:名勝旧大乗院庭園に接し、親しむ空間。
時間/ 午前9時~午後3時(時間指定制)
※1 八窓庵会場のチケットで、奈良国立博物館の展覧会もご覧いただけます。
※ 全てのお席を時間指定制で行い、一席ごとの換気・消毒を行い、一日あたり四席とさせていただきます。
※ 各会場にお車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。

お茶会【参】

価格/1組2,000円※保護者一名につき、子ども三名まで
内容/ 「大茶盛(親子での参加)、本堂・愛染堂・四王堂拝観、お茶に関する特別展観」
会場/ 西大寺
時間/ 午前9時~午後5時(時間指定制)
※「子ども」とは、小学生・中学生が対象となります。
※全てのお席を時間指定制で行い、一席ごとの換気・消毒を行い、一日あたり五席とさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、大茶盛の形式が、お一人様一碗となります。
※駐車場は有料となります。駐輪場は無料でご利用いただけます。


お申込方法

▼お茶会「壱」「弐」「参」の申し込みはこちら▼




〈申込方法〉 お電話 又は Web申込
※発売初日は、電話が混雑し繋がりにくくなることが予想されますので、WEB予約をご利用ください。
   
〈予約手順〉 ①ご希望の日と時間をお選びください。
②お一人様3枚までご購入いただけます。
③ご参加される方全員のお名前・電話番号・年齢(お茶会【参】の子どものみ)が必要となります。
※各お茶席の申込は、実施の3日前の17時まで(電話・WEB)となります。
※売り切れとなる場合がございます。ご了承ください。
  
〈電話〉 令和4年12月5日(月)~ 令和5年2月9日(木)
☎:050-1741-7114 (午前10時 ~ 午後5時)
(土・日・祝及び年末年始〈令和4年12月28日~令和5年1月4日〉は除く)
※お支払いはコンビニ決済となります。(発券手数料 一枚につき330円別途必要)
  
〈WEB〉 令和4年12月5日(月)午前10時より販売開始~
Web予約はこちらから> 24時間受付 ※要会員登録(無料)
※お支払いの際に発券手数料(110円/枚)・決済手数料(220円/回)がかかります。
※クレジット決済の場合は電子チケットとなります。
WEB購入に関する問合せ先:050-1741-7114
  
〈備考〉 各会場への直接申込、問合せはご遠慮ください。
ご購入後の変更、返品・交換等には一切お応え出来ません。
複数枚予約される場合、予約時にご同行者の氏名・電話番号が必ず必要となります。
お客様からお預かりした個人情報は目的以外には一切使用しません。


新型コロナウイルス感染症に関連する払い戻しについて


〈1〉お茶会の開催可否等につきましては、必ず公式ホームページにて、ご確認いただきますようお願い致します。

〈2〉ご購入いただきましたお茶席が中止となった場合は、全額払い戻しさせていただきます。
   [注]ただし、ご購入時にかかった発券手数料・決済手数料は返金対象外となります。

〈3〉払い戻し方法につきましては、個別にご連絡させていただきます。








観光関連サイト (外部サイト)




近畿日本鉄道株式会社 奈良市観光協会
なら瑠璃絵 宿なら「まほろば」ねっと
明日香村公式HP 明日香村観光ポータルサイト
田原本まちづくり観光振興機構 なら旅ネット
うまし冬めぐり 体験.com
奈良ファン倶楽部 奈良交通